作例紹介。MGズゴック ヴィネット風を作ってみる。その2


思いのほか、この「ズゴック・ジオラマ」が人気なので、作例をすすめたいと思います。

今回は、作例の方向性を決めようと思います。

 

今回は、関節が壊れちゃったMGズゴックをベースにしてるので、ズゴック本体はお手軽に進めたいなって思います。
キットをながめてると、ディテールがほとんど無いな~って思ったので、加工の基本として

RGズゴックのディテールを、MGで再現してみる

ってのにしようと思います。水中も移動するので、そんなにゴテゴテとして無いんだろうなって思いますがガンプラなんでカッコ良ければイイって事にします。

個人的には、情報量ってどれくらい増やせるのかって挑戦です。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)