フルカウルミニ四駆で、空力マシンを目指す。その2。


フルカウルミニ四駆で、空力マシンを目指すの、その2です。 今回でボディを仕上げたいと思います。

 

今回、完成したボディはレースでも使いたいので、強度を確保したいです。なので、パテは使わずに、極力プラスチック素材を使って加工して行きます。前回、塞いだプラ板の周りにスキマがけっこう出来たので、伸ばしランナーを使って間をふさいでいきます。流し込み接着剤なども使って、出来るだけスキマに埋め込む感じです。

で、接着剤の乾燥をまって、余分な部分を削り取って、加工が終わるとこんな感じです。リアウイングのデコボコも気になったので、プラ板でふさいで加工しました。

最後に、白サフを吹いて基本工作は終了です。この後は、ドレスアップデカールをつかってのデザイン作業です。どのデカールを使うかなぁ。工作は続きます。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)