作例紹介。HG Gセルフを作ってみる。その2


「HG Gセルフ」の作例紹介の「その2」です。上半身を中心にパーツ工作を進めていきます。

肩パーツの下部のライン修正の続きをします。


はじめは削り込んで小さくする感じで加工して見たんですが、思ったよりパーツが薄いのと間接部にあたってしまいました。大幅な工作は避けたいので、目立つエッジを無くす感じで加工して、こんな感じです。

次に、ちょっと短い感じのする腰部の延長をします。腰パーツに1mmプラ板を埋め込んで延長します。

腰パーツを延長することで、腹部分のパーツが干渉してぶつかるので、当たる部分を削り込んでます。もう少し削り込んでもイイかもなんですが、全体を組んでからバランスを見ようと思います。

削り込みすぎすぎちゃった初めの肩パーツは、プラ版とパテで復旧させてます。

胸パーツの一部には、スジ彫りを追加してます。ここは、かなりのっぺりしちゃってるんで、ディテール追加です。

全体組んでみてこんな感じです。肩パーツの修正が今後に生きてくるといいですけどね~。

ついでに、コンバージのザクレロです。今回発売になったコンバージでは、これが一番出来がイイかもです。頭部にジオンマークあったので、各所にスミ入れしてみました。スミ入れをふき取って気づいたんですが、コンバージの塗装ってデコボコしてるんですけど、エナメル溶剤でちょっとだけ落ちるんですね。ザグレロも全体的に拭き取ってみたら少し塗装が落ちついて、いい感じになりました。どれくらい効果があるかは、他のコンバージでも試してみたいと思います。

Gセルフの工作は続きます。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)