作成紹介。1/48 G−セルフ ヘッドディスプレイベースを作る。その2


HJ誌付録の「1/48 G−セルフ ヘッドディスプレイベース」の作例紹介その2です。

コンセプト通り、あきまん画風に加工を進めます。

 

ベースの部分なんですが、完成後に高さがほしいので下部をふさぎます。パーツをプラ板にのせて輪郭を写し取って切り出し、接着します。

プラ板の加工は、いろいろな加工方法があると思うんですが、大きめに切り出して削り込んでいく加工方法の方が好きですね。ぴっちりプラ板を切り出せる人がいますが、どうやってカットしてるんでしょうね。教えてほしいです。

削り込んでいってこんな感じになります。

フェイス部分の加工も進めます。キットのフェイス部分は、いわゆるガンダム風なので、カクカクです。あきまん風を目指して、エッジは出来るだけ丸く落としていきます。

続きます。

 

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)